怪獣8号

【怪獣8号】あらすじとネタバレ・考察38話/考察39話/エピソード4/捕われた怪獣8号編 !!

  1. HOME >
  2. 怪獣8号 >

【怪獣8号】あらすじとネタバレ・考察38話/考察39話/エピソード4/捕われた怪獣8号編 !!

怪獣8号39話のあらすじを見る

怪獣8号37話のあらすじを見る

〜 怪獣8号37話のあらすじ 〜

カフカの思いとは裏腹に怪獣に体を乗っ取られ、四ノ宮長官を追い詰めていく。果たしてカフカは自らを怪獣ではなく『日比野カフカ』と証明することはできるのだろうか...?

単子本は3巻が絶賛発売中!

 

U-NEXTで1冊無料で読む

FODプレミアムで1冊無料で読む

music.jpで1冊無料で読む

怪獣8号38話のあらすじとネタバレ

怪獣8号の境遇はいかに?

カフカは怪獣の支配を自ら解き、俺は怪獣8号じゃない 日比野カフカだと言い放ち意識を失った。

その周りでは防衛隊第一部隊隊長の鳴海玄がカフカに武器を向けていた。

四ノ宮長官は一言、武器を収めろ鳴海

鳴海は、一向に援護の合図を送らない四ノ宮長官に、そのまま死ぬ気かと思いましたよと言い。

四ノ宮長官は、馬鹿を言うな想定以上だったのは認めるがな、と言い医療班にカフカの治療を促した。

場面は変わり、ミーティング室。幹部達が集まっている。

四ノ宮長官は、8号は目下兵器化せず戦力とする旨を伝えるが、ほとんどの幹部達は、反対です!怪獣を生きたまま運用するなんて危険です!と声を荒たげる。

四ノ宮長官は、私は制御可能だと判断した。事実奴は第3部隊と数ヶ月任務を共にしている。兵器化してもあれほどの力を生み出せるか定かでない。

6号のように適合者不在で封印される可能性もある、大怪獣が郡発している今、戦力は最大効率で運用すると続けた。

前例がないぞと問う幹部には、前例(そんなもの)はこの国の防衛に比べれば瑣末なことだ、10年前6号を中心とした郡発災害を、200人以上の隊員と3人の体調が犠牲になった。

想定を遥かに超える数の怪獣が郡発した場合、国は容易に滅びるのだ。奴の桁外れの力を運用出来れば我々の希望になりうると反論した。

が、幹部達は反対の姿勢を崩さずミーティングは終了した。

その頃、カフカは液体の入った大きなボトルの中に入り集中治療を受けていた。

カフカは夢を見ていた。

泣いているミナ。すぐにミイコを火葬場に連れてった時のことだと思い出し、ミナをこんなに泣かせた怪獣を許せねーと思った。

そして、だからもし自分が身も心も怪獣になっちまうんだったら人間として死のうと思ったんだと思い出した時、目が覚めた。

そこには四ノ宮長官がおりカフカは、よかったーー・・もし長官に何かあったらキコルに会わせる顔がなかった。

生かされたってことは俺は人間だって・・隊員だって認めてもらえたってことですかと長官に聞いた。

四ノ宮長官は、もしもお前のその胸にあるものが人間の脆弱な心臓であったならおそらくお前は死んでいただろう。

私の結論はお前は怪獣だーー・・が敵かどうかは保留にしておく『日比野カフカ』とカフカの名前を呼んだ。

現状お前を生かすことに反対する者がほとんどだ。生き残るためにお前の有用性を示せ。

カフカは、なんとか兵器として生かされているだけということを理解する。

そして、俺は今でも自分を防衛隊員だと思っています、絶対に防衛隊員としても認めさせます!と決意を新たに固める。

その頃、国立市ハイタワーレジデンス国立23階では怪獣9号が、カラダの脱皮(じゅんび)はできタ。人間の手に堕ちた怪獣の力を怪獣の元に取り戻スとしようと不気味な笑みを浮かべていた。

 

怪獣8号38話の考察

防衛隊第一部隊隊長 鳴海弦(ナルミゲン)

参考

身の丈ほどのライフルのような銃と刃物が合体した武器を持つ。

武器には01と数字が彫られており、四ノ宮長官の識別怪獣兵器(ナンバーズ)には002と彫られていたことから、弦が持っているのは怪獣1号をベースに造られた識別怪獣兵器なのではないかと予測できます。

怪獣6号が引き起こした郡発災害

参考

10年前、怪獣6号を中心とした郡発災害が起き200人以上の隊員と3人の隊長、そして四ノ宮長官の妻も犠牲になっていた。

現在の日本防衛隊の戦力

参考

現在日本で大怪獣と戦えるレベルの隊員は30人足らず。単騎でとなれば10人に満たない。

識別怪獣クラスとなればその数はさらに減る。

これは深刻は戦力不足を表しておりカフカが生かされた理由の一つになっている。

怪獣8号39話のネタバレ予想

怪獣9号はどう動くのか?

カフカに負わされていた傷を癒すため、車で通りすがった『長嶺カンジ』を殺害、捕食し体をコピーしどこかへ潜伏していた怪獣9号。

実力はもちろんのこと知能も高く、本作では今のところ一番厄介な相手でしょう。

今までの傾向から、他の怪獣の体を改造したり、操ったりして行動に出ると思われます。

人間の手に堕ちた怪獣の力とは、識別怪獣兵器(ナンバーズ)を指しているのではないかと思われます。

人類側が保有している分には多大な戦力となりますが、怪獣の手に渡れば大被害は免れません。

今後、識別怪獣兵器をめぐる怪獣9号を含む怪獣達と人類との全面戦争になっていくのではないかと予測します。

怪獣8号最新巻を無料で読む方法は?

怪獣8号は動画配信サービスに無料体験登録した際にもらえる無料ポイントを使用して、無料で読むことができます。

無料期間中(約1ヶ月)に解約すれば完全無料です!

さらに購入するごとにポイントバックがありますので、書店で購入するよりもお得です。

気軽に体験してお得に漫画を楽しんじゃいましょう。

もっと詳しく
おすすめ動画配信サービス【VOD】7社比較ランキング!お得に出会おう映画|アニメ|ドラマ見放題サービス[2021年最新版]

続きを見る

無料で読めるおすすめ動画配信サービス

おすすめサービス3選 無料ポイント 必要ポイント 読める本数 ポイントバック
U-NEXT 600p 501p 1冊無料 40%
FODプレミアム 900p 456p 2冊無料 20%
music.jp 600p 501p 1冊無料

\こちらのボタンから公式サイトへ!/

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

\こちらのボタンから公式サイトへ!/

無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

\こちらのボタンから公式サイトへ!/

無料体験キャンペーン中!【music.jp】

(C)松本直也
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

-怪獣8号
-,

© 2022 デジタルブックラボ